ロザンナさん   

 先週、ロザンナさんをテレビで久々に拝見した。あの「ヒデとロザンナ」の、ロザンナのことです。

 ロザンナさんとは、その昔、会ったことがある。それも、珍しい場所で。
 その場所とはね、世田谷の保健所。実は、子供の3ヶ月検診が一緒だったわけよ。長女のときだった。彼女も娘さん(末っ子)を連れていた。当時私は、世田谷区南烏山に住んでいたのだけど、ご近所だったのかしら。
 
 ロザンナ&お子さんは、私の隣で検診の順番を待っていた。
「もう、すご~くいい子なのよ。ミルクはたくさん飲むし、よく寝るし、泣かないし」
 誰に話しているやら、自慢げだった。
 「ヒデが車で送ってくれて、近くで待ってるのよ」なんて、関係ない話もしていた。

 私は、その話に落ち込んだ。ちょっぴり、妬いていたかもしれないかな。
 それは、ロザンナさんが芸能人だからではなく、ダンナがヒデだからでもなく、純粋に母親として。

 私の方は、娘が哺乳瓶のミルクを全く受け付けなくて、困りきっていた。すでに職場復帰していたので母乳というわけにもいかないしね。体重は思うように増えず、ぐずってばかり。もう、悩みのどん底にいたわけ。

 だから、ロザンナさんの言葉に、「そんなに自慢しなくてもいいじゃない」ってひがんだのかなぁ。新米ママの私は、ミルクをいっぱい飲む子が、羨ましかったのね。

 先週、テレビに映ったロザンナさんは、だいぶやつれて見えた。あのあとのロザンナさんには、私とは比較にならないくらい、いろんな出来事があったのでしょう。
 今は、頑張っている彼女を応援している。
「袖振り合うも他生の縁」だから。
[PR]

by masayama-chan | 2008-02-21 21:56 | Comments(6)

Commented by としちゃん at 2008-02-21 22:56 x
ロザンナさんとはそういうご縁があったのね。
なんだか、彼女の息子が大麻だかを吸っていて逮捕されたとか言うニュースを聞いたような気がしたけれど、ちがったかしら。
イタリア女性っていう感じがしますよね。それもマンマという呼び名がふさわしい。
多分、私たちと同年代だと思いますけれど、外国人は老けやすいのかしら。
Commented by ふみ at 2008-02-22 09:45 x
ロザンナさんって、ときどきローカルテレビ局の通販番組に出ていますよね。 表舞台からは消えてしまっても、こうやって女手ひとつで子供を育てて、えらいなあと思っていました。 地中海気質で、今回のことも必ず乗り越えてくれるでしょう。 マサちゃんと一緒に応援します。
Commented by のっこ at 2008-02-22 18:19 x
お子さんがミルクを飲まない話は聞いたことがあります。うちの上の子も口が遅くて心配しました。おむつが取れるのも遅くていやになりましたよ。母親はつい回りと比べてあせるのね。すこしぐらい遅くてもかまわないのに。今だから言えるのかしら。
Commented by としちゃんへ at 2008-02-22 20:35 x
そうなのよ。次男の大麻事件についての謝罪会見をしてたの。30歳に近い息子の犯した罪を涙ながらに詫びる姿は、いかにも日本的。いや、イタリアのマンマも、こんな感じなのかなぁ~。
Commented by ふみさんへ(マサ) at 2008-02-22 20:38 x
確か、イタリア料理の本も出しているみたいだよね。健気に頑張ってたのにね。陰ながら、声援したいですよね。何の役にも立たないかもしれないけど。
Commented by のっこさんへ(マサ) at 2008-02-22 20:49 x
口が少しくらい遅くたって、オムツがなかなか取れなくたって、それがどうした?ってもんよね、今になってしまえば。ちょっと大きくなれば、なにも変わらん。
母親は子供の成長に、喜びと同時に重圧を感じているのかもしれないね。でも、懸命だったあのころが、なつかしくもあるかなぁ。

<< 殿下と「百年の孤独」 「歓喜の歌」 >>