人気ブログランキング |

2010年 01月 08日 ( 1 )   

「告白」   

「4歳児、犬に餌をやるためプールに忍び込み、転落死」

中学校のプールで、女教師の一人娘が死んだ。
少し経過した3学期の終業式の日。
亡くなった子供の母親である教師は、担任の生徒たちに学校を辞めると告げる。
なぜ辞めるのか。
「愛美は事故で死んだのではなく、このクラスの生徒に殺されたからです」


a0108328_17533159.jpg図書館に予約しておいた本が、忘れたころになって、やっと巡ってきた。
湊かなえ著「告白」

タイトルどおりに、教師や生徒や母親の「告白」によって本は構成されている。全六章。

第一章「聖職者」は、女教師の告白だ。
彼女は、犯人と確信した少年2人を、終業式の日のHRで教壇から告発する。
警察に言うつもりはないが、自分の手で2人に制裁を加えたと。

この本は、昨年「本屋大賞」を受賞した。
雑誌(「小説推理」)に掲載された第一章~三章に比べて、書き下ろしの第四章~六章は取って付けたような内容だが、まあ、おもしろいことはおもしろい。スラスラ読める。


でもね~、この本が「本屋大賞」とはねぇ~。どうなんだろう?

はっきり言って、後味がよくない。教師も生徒も、歪んでいる。
女教師のとった制裁の手段は、あまりにも卑劣で吐き気を覚えるほど。

「本屋大賞」は、書店の店員が投票で選ぶ賞でしょ。
なら、読者に感動を与えるような、心の琴線に触れるような、何度も読み返したくなるような、上品な本を選んで欲しいものよ。ブツブツ

by masayama-chan | 2010-01-08 18:01 | 本だな | Comments(13)