人気ブログランキング |

2011年 02月 14日 ( 1 )   

書道展   

週末、「都心でも積雪の予想」と大騒ぎしたわりには、ちっとも積もらなかったね。
予報が外れたのは嬉しいことだけど、今夜の雪は、どうやら積もりそうだ。

三連休最後の昨日、都心へ「書」を鑑賞に出かけた。
「書」とはどういう風の吹き回し?と思うでしょ?
これには、ちょっと訳があるんです(と、思わせぶり)



a0108328_2352087.jpg
「第13回桂峯破体同好会展」
会場は、赤坂のゴージャスなホテルだ。








a0108328_2355070.jpg
趣きのある入り口。
代表の方(先生)の作品が飾られていた。
「生涯青春」

書を超越した芸術だ。
格調の高さに、中に入るのがためらわれたほど。





ジャ~ン~~♪
私の友だちの作品です。
退職後に書道を始めて3年だとか。
書をやっていたのは知っていたけど、正直言って、これほどの腕前だとは思っていなかった。
「登竜門」の3文字に、さらなる上を目指す希望と闘志が現れているよね。
a0108328_2362169.jpg



a0108328_2364458.jpg
こちらも、友だちの作品。
「カタカナ」は、この作品だけだった。
前向き、柔軟。お洒落な感じだよね。








代表(先生)の作品。
左から、「水魚の交わり」「旭日昇天の勢い」「身楽逸」
勢いがあって圧倒された。
ご高齢のようだが、作品は若々しく力強く生命力に溢れている。
a0108328_2371318.jpg


会場中央にはコーヒーや洋菓子が用意され、ドレスアップした人々が集っていた。
さすがホテルが会場だけのことはあるなぁ~。
格調高い雰囲気の中で、芸術的な書を堪能した。

by masayama-chan | 2011-02-14 23:18 | Comments(4)