人気ブログランキング |

2013年 09月 08日 ( 1 )   

「父と暮らせば」   

早朝(5時半すぎ)、寝室のドアをノックする音に起こされた。
「東京に決まったぞ」

ちょうど夢を見ていた。それも五輪の開催都市決定の夢だ。
前夜遅くまで、最終プレゼンのテレビ中継を見ていたからだろうか。
「東京に決まった」という夫の声も、なんだか夢の続きを見ているような。

「7年後なら、まだ元気でいられるよね」と、私。
「Tラも、そのころには少しは競技を楽しめるだろう」と、夫。
「私、あせらなくちゃいけないかな。自分の子供にオリンピックを見せてやりたいものね」と、次女(ハハ)


ところで今日のメインテーマは、「父と暮らせば」(井上ひさし作)
昨日(土曜日)、浅草橋まで、このお芝居を観に出かけた。
我が朗読サークルの師が、父親の「福吉竹造」を演じている。

a0108328_20544984.jpg


舞台は、「浅草橋アドリブ小劇場」
80人も入ればいっぱいの、ホントに小さな劇場だ。

a0108328_20551722.jpg


恥ずかしながら、「父と暮らせば」については、これまで映画もお芝居も観たことがなかったので、これほど戦争(原爆)の色合いが濃い作品だとは知らなかった。
戦争の恐ろしさを描きながらも、父と娘の家族愛の物語でもある。
2人の熱演に心が揺さぶられ、泣けた。
と同時に、こんに凄い役者にご指導いただいているのに、ちっとも上達しない自分が申し訳なくて、気持ちが凹んだ。


夜は、Tラ一家がやってきて、賑やかなのと忙しいのとで、お芝居の余韻も吹っ飛びました!

a0108328_20555812.jpg

by masayama-chan | 2013-09-08 21:03 | Comments(4)