人気ブログランキング |

2016年 03月 15日 ( 1 )   

「レオナルド・ダ・ヴィンチ-天才の挑戦」   

昨日は、江戸東京博物館で開催中の「レオナルド・ダ・ヴィンチ-天才の挑戦」を観に出かけた。
朝から冷たい雨が降っていたが、迷わずに家を出た。
というのも、昨日は特別なチケットでのみ入場可能な内覧会。
休館日のため、一般の入場者の姿はなく、ゆっくり鑑賞できる。

a0108328_20434965.jpg


観てきた感想を一言でいうと、レオナルド・ダ・ヴィンチは、画家ではなかった!??
鳥の飛翔・解剖学・建築・水力学等、ありとあらゆる研究を行った学者だ。
自然科学者であり、建築家であり、解剖学者である。発明家であり、工学博士?(鳥の飛翔を研究し飛行機を作ろうとした)でもある。

研究メモとでも言おうか、たくさんの手稿が展示されていた。
特筆すべきことは、手稿の多くが、「鏡文字」(右と左が反転し鏡に映して読める文字)で書かれている。
ダ・ヴィンチは左利きだったので、鏡文字を書くのは、そう難しくはなかったのだろう。
実は私も左利きで、母によると小学校に上がったころは鏡文字を書いていたそうだ。
私の場合は、親が心配して、右手で鉛筆を持つように矯正された。
たぶんダ・ヴィンチには、心配してくれる人がいなかったのでしょう(勝手な推察ですが)。

会場には、ダ・ヴィンチ自身の作品は多くなかった。
この展覧会の趣旨は、彼の絵を鑑賞することではなく、ダ・ヴィンチ自身を知ることである。

その中にあって、人気を集めていたのが、「糸巻きの聖母」
手の動きが研究し尽くされているようだ。

a0108328_20443678.jpg

by masayama-chan | 2016-03-15 20:51 | Comments(4)