<   2018年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

Tラの入院   

東京に大雪が降った月曜日の深夜、Tラが腹痛を訴えた。

2時間ほど様子を見たが、一向に治まる気配がない。

娘は病院へ連れて行こうとしたが、積雪で車が出せない。タクシーも来てくれない。

やむなく救急車を呼んで、救急外来を受診した。

当直の医師は、当初便秘を疑ったらしい。

でも娘は、激しい痛がりように、「虫垂炎か腸ねん転」と思ったという。

検査の結果は、やはり「急性虫垂炎」

手術ではなく、抗生剤投与で炎症を抑える保存療法となった。



水曜日に私がお見舞いに行った時には、痛みも治まり、すっかり元気を取り戻していた。

ベッドの上で、UNOに興じる(時々、ズルをする)

a0108328_15473900.jpg


キッズコーナーを占領し、フィギュアで仮面ライダーごっこ。

a0108328_15444730.jpg


退院は土曜日以降の予定だったが、金曜日に早まった。

元気過ぎて病院側は持て余したのかもしれない(苦笑)

それにしても、どうして虫垂炎などになったのだろう。胃腸が丈夫でお腹を壊したことなどないのに。
前ぶれもなく、突然痛みに襲われた感じだ。

ありふれた病気かもしれないが、油断は大敵。
手遅れで不幸な結果になったケースを娘は知っているという。

どんな病気にも言えるが、特に急性の場合は一刻も早い対応が必要でしょう。


ところで本人は、「オレ、3回入院した」と得意がっている。

そういえば、1歳を過ぎたころRSウィルス感染症で大学病院へ入院した。

あと1回は?生まれたときですって。

そうそう、早産児のため1か月ほどNICUへ入っていたっけね。

でも、それって自慢すること??


[PR]

by masayama-chan | 2018-01-28 15:48 | Comments(0)

新年会ランチとTラ   

お隣の市・府中では、今朝の最低温度は氷点下8.4度だったとか(驚)

観測史上最低らしいが、調布でも似たようなものだったかもしれない。

大寒波に日本中が震えている。


ところで今日は、今年初めての朗読の会があった。

藤沢周平の作品に挑戦しているが、難しい~。

終わった後、先生を囲んで木曽路でランチ。

次回の発表会の話で盛り上がった。

a0108328_21343105.jpg



実は、病気知らずで元気印のTラが入院している(涙)

大雪の夜(というか未明)、救急車で病院へ搬送された。


点滴台を引きずりながら、頑張って自力でトイレへ。

a0108328_21362666.jpg




[PR]

by masayama-chan | 2018-01-25 21:36 | Comments(8)

雪しんしん   

予報どおり、お昼前から雪が降り始めた。

降り始めて何時間も経たないのに、あたりはすっかり雪景色。

このぶんだと、だいぶ積もることでしょう。

明日の外出が思いやられる。取りやめたほうがいいかもしれない。


ところで、昨日はお天気がよかったので、神代植物公園まで散歩に出かけた。

園内は、日曜日といえ人影まばら。
ピンと張りつめたような、澄んだ空気が心地よかった。


池の周りに、雪囲い(?)された木々が。冬の情景だ。

a0108328_16242994.jpg
                                                


雲ひとつない青空が広がる、芝生広場。

a0108328_16241444.jpg
                                             



梅。見ごろにはまだ早いが、蕾がほころび始めている枝もあった。
寒い中にも、かすかに春の兆しが……。

a0108328_16240071.jpg

a0108328_16234888.jpg
                                               


ロウバイは満開。甘い香りが漂う。

a0108328_16233232.jpg
                                              

梅見が楽しめるのは、ひと月くらい後でしょうか。
暖かい春が待たれますね。


[PR]

by masayama-chan | 2018-01-22 16:28 | Comments(0)

週末   

週末はTラと過ごすことが割と多いが、今週は来ない。
実に静かで、物足りないほど(笑)

昨日の土曜日は、ママとスイミングスクールに行ったとばかり思っていたが、まぁ、こんなところにいた!



a0108328_15092598.jpg

a0108328_15090861.jpg


足湯

a0108328_15085144.jpg



箱根駅伝ミュージアム

こんなのがあるのね。

a0108328_15083352.jpg


ロマンスカー(展望席のよう)

a0108328_15075856.jpg



保育園生活もあと2か月。

お友だちと過ごすのも、あとちょっとだ。

仲のいいお友達と楽しんだ箱根の週末は、いい思い出になったことでしょう。

ママたちも、温泉に浸かって日ごろの疲れが癒されたかな。


私も、久々に箱根に行きたくなった。


[PR]

by masayama-chan | 2018-01-21 15:12 | Comments(2)

「ビジランテ」   

昨日、テアトル新宿で「ビジランテ」を観た。


a0108328_20130125.jpg


舞台は関東の地方都市(埼玉県深谷市)。

そこで生まれ育った3兄弟が主人公だ。

長兄の一郎(大森南朋)は、父親の暴力に耐えかねて30年前に家を飛び出した。

次男の二郎は、政治家だった父親の後を継ぎ市会議員を務めている。

三男の三郎は、デリヘル店の店長。

それぞれが異なる人生を歩んでいた。

地方の有力者だった父親が亡くなると、長い間行方不明だった長兄が姿を現す。

父親の遺した広大な土地を巡って、凄惨なドラマが幕を開ける。

土地の権利を主張する長兄は、父親に似て暴力的な男。

次男は自分が土地を相続し、そこにショッピングモールを建てようと企む。小心者で自信なさげな男(に見える)。

土地の相続を放棄した三男は、無欲でプライドが高い男(に思えた)

兄弟3人の思惑に、権力者(政治家)や、その筋の面々(やくざ)が絡んで、血みどろの闘いが展開される。

暴力シーンは、想像をはるかに超えた。

画面を直視できず目を背けていたシーンが多いので、ストーリーをきちんと把握できたかは自信がない。

最後に笑ったのは政治家(次男も含めて)か。

次男のしたたかな妻(篠田麻里子)かもしれない。


タイトルの「ビジランテ」は、英語で「自警団員」のことらしい。

そういえば、市会議員の次男は自警団の団長を務めていた。

タイトルを「自警団員」にした監督の意図はなんなのでしょう。



テアトル新宿は、私が好きな映画館のひとつ。
この日の観客は、10人くらいだった。

a0108328_20125003.jpg


[PR]

by masayama-chan | 2018-01-19 20:13 | 映画三昧 | Comments(0)

柚子マーマレード   

夫が台所で何かゴソゴソやっていると思ったら、こんなものを作っていた。


a0108328_16273418.jpg

マーマレードらしい。

元はこれ。大きな柚子。

a0108328_16271614.jpg


暮れにゴルフ仲間からいただいたものだ。

しなびてきたので捨てようと思っていたのだけど(笑)



出来上がり。これで柚子一個分。

左は冷凍したもの。シャーベットみたいに凍ってしまった。

a0108328_16265797.jpg



「私は食べないよ」と憎らしいことを言ったけど、ヨーグルトに混ぜたら結構おいしかった。

ちなみに、もう一個は長女がお正月に来たときにあげた。

「いらない、いらない、やめて!」と拒否されたものの、長女が帰る際、車に投げ入れた(笑)

たぶん、ばぁばがマーマレードを作ったことでしょう。
                                            


こちらは、昨日スーパーで買った酒粕とクラッカー。

a0108328_16263702.jpg
                                                     


昨日テレビ(あさイチ)を観ていたら、酒粕は肌にいいと専門家が話していた。

毎日食べ続けるとお肌がプルンプルンになるらしい。

早速、試してみることにした(;^ω^)

クラッカーの上に載せて食べると、なかなかイケる。

でも、たくさん食べると酔います(笑)


[PR]

by masayama-chan | 2018-01-17 16:31 | Comments(2)

「彼女がその名を知らない鳥たち」   

2018年の初映画は、「彼女がその名を知らない鳥たち」

a0108328_15262339.jpg


「共感度0%、不快感100%」とのふれこみだったが、共感はできなくても後味はそれほど悪くない。

十和子(蒼井優)は、同居する15歳年上の陣治(阿部サダヲ)を、
「不潔、下品、あんたみたいな男に触られたら虫酸が走る」と激しく毛嫌いしながらも、生活全般を彼に依存して暮らしている。

働きもせず家事もせず、陣治の用意する食事を食べ、ダラダラと自堕落な日々を送る。

十和子は、8年前に別れた黒崎(竹野内豊)を忘れられないでいる。

骨折するほどの暴力を受け、悲惨な別れ方をしたというのに。

黒崎は、十和子を利用するだけ利用し、用済みになるや殴って捨てた酷い男だ。

一方、デパートで購入した商品(時計)に言いがかりをつけたことで社員の水島(松坂桃李)と知り合い、情事を重ねる。

確かに水島は陣治に比べたら美しい男だが、「妻とはうまくいっていない」が常套句のズルくて薄っぺらな男だ。


自己中の十和子も、DV男の黒崎も、俗物の水島も、はっきりいってみんなクズキャラクター。誰にも感情移入できない。

十和子に献身的に尽くしながらも徹底的に嫌われる陣治には同情の余地がないわけでもないが、尋常でない十和子への執着と不潔さ下品さ(食事中に入歯を外す等)には、十和子でなくても辟易させられる。


ある日、十和子のもとに刑事が訪れ、5年前に黒崎が失踪したと告げられる。

このあたりから、物語はサスペンスの色合いが濃くなる。

そして、思いも寄らない衝撃の結末。

ラストシーンの十和子のセリフが取ってつけたようで違和感があったが、じわっとこみ上げるものもあった。

どんなに歪んでいても、これは愛の物語だ。
これを愛と呼べないなら、愛とはなんなのだろう。


蒼井優と阿部サダヲが、はまり役だった(褒めているのかわからないが)

イケメン俳優を代表する竹野内豊と松坂桃李のろくでなしぶりも見もの。

俗物・松坂桃李より、DV男・竹野内豊のほうが、ずっとたちが悪いけどね(役の上での話です。笑)
                                        

新宿武蔵野館

a0108328_15260737.jpg
                                                


この日のランチは、京王デパート・レストラン街のお蕎麦屋さんで。

野菜たっぷりのチャンポン蕎麦。

a0108328_15255513.jpg


[PR]

by masayama-chan | 2018-01-11 15:30 | 映画三昧 | Comments(3)

戌年とネコ   

今年は戌年だが、十二支の中で戌年生まれは最も少ないそうだ。

そういわれてみると、私の周りにも戌年生まれの人はあまりいない。

なぜでしょうね。
                                       


玄関の置物も、トリからイヌへ。

あまり可愛くないけど(笑)

a0108328_15365829.jpg
                                               



こちらのイヌは、チェリー。

備前焼の作家に頼んで作ってもらった特注品だ。

庭にも、ひとつ置いてある。

a0108328_15364194.jpg
                                                    



犬と言えば、ただいまネコ(あおいちゃん)が次女と一緒に里帰り中。

とても大人しくて、お行儀のいいネコだ。

そして、芸もする。
                                        

お手。

a0108328_15362217.jpg
                                                

タッチ。

a0108328_15361228.jpg
                                                    


真剣白刀取り(笑)

a0108328_15355828.jpg

他に、「伏せ」や「トンネルくぐり?」等もできる。

お利口でしょ。


[PR]

by masayama-chan | 2018-01-05 15:38 | Comments(0)

新年   

明けましておめでとうございます。

三が日は天候に恵まれ、いいお正月でしたね。

と言いたいところですが、実は元日早々にダウン(嘆)

なんとも冴えない2018年のスタートとなった。

元日は、朝から体調がイマイチだった。

午前中は実家へ新年の挨拶に行ったのだが、倦怠感というか体に力が入らない感じ。

暖かい部屋にいてもゾクゾクと寒気がする。

午後は、長女家族や叔父夫婦、従弟たちが我が家にやって来た。

体調が悪いなんて言っている場合じゃない。
張り切って、私なりに精一杯もてなした(主婦はつらいよ)。

夜、客が帰り、後片付けを終えて、ホッと一息。

ふと思いついて熱を計ってみると、38.5度。

どうりで寒気がするわけだ。

早めにベッドに入ったものの、夜中には体温はさらに上昇し39度を超えた。

身体の節々が痛い。ここまで熱が高いとインフルエンザに違いない。

寝正月を決め込んだが、翌日には熱が下がり始めた。

インフルエンザではなかったのかもしれない。

知恵熱?(笑)


と言うわけで、初詣には体調が戻った3日の夕方に出かけた。

元日には大勢の人であふれる神社も、拍子抜けするくらい空いていた。

a0108328_16294623.jpg



夕飯は、カレー屋さんで。

正月料理に飽きると、人はなぜかカレーが食べたくなるそうだ。

(と言っても、今年はほとんどおせちを口にしていませんが)

マトンシークカバブとナンロール

a0108328_16293586.jpg
a0108328_16292228.jpg





[PR]

by masayama-chan | 2018-01-04 16:30 | Comments(4)