人気ブログランキング |

<   2019年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧   

小笠原旅行(3)~海岸(境浦・小港・コペペ)~   

竹芝桟橋を出航して23時間半、父島列島が視界に入ってきた。

独立する弟島、兄島、父島が、まだ一つの島のようにつながって見える。


a0108328_15121717.jpg



30分後の5月25日11時、父島二見桟橋に入港。

島は、心が躍るほどの快晴だ。

この日は土曜日。娘が桟橋で出迎えてくれた。


a0108328_15115558.jpg



昼食をとった後(干しブドウやナッツの入ったドライカレーを食べた)、娘の案内で島内を観光。


娘の運転する車で、まず向かったのは境浦海岸。

a0108328_15111047.jpg


車の運転が上手になったことに驚く。

かつて娘が車を買ったのはチェリーの通院のため。運転するのはチェリーの通院のときだけだった。

当時は、娘の緊張が同乗する私にも伝わってきて、ハラハラドキドキしたものだ。



境浦海岸のバス停は、「東京都最東端」にある。


a0108328_15104388.jpg



海岸へ続く道。

a0108328_15112868.jpg



誰もいない海。本当の海は写真よりもっとキレイなのだけど。

a0108328_15105655.jpg





次は小港海岸へ。

こちらのバス停は、東京都最南端。

a0108328_15094925.jpg



車を降りて、人影のない海岸高木の並木道を歩く。
植物(木)のことを娘がいろいろ説明してくれたが、何一つ覚えていない。ゴメン(^^;)

a0108328_15102959.jpg

a0108328_15101572.jpg
a0108328_15100209.jpg

a0108328_15093624.jpg

a0108328_15090987.jpg


面白い形状の溶岩がそびえる。

a0108328_15092381.jpg



そのあとはコペペ海岸へ。浜辺は白い砂。

a0108328_15084149.jpg

a0108328_15082939.jpg



村営バス。本数は少ない。

a0108328_15085426.jpg


by masayama-chan | 2019-05-31 15:21 | Comments(6)

小笠原旅行(2)父島を離れる   

小笠原に滞在中は、毎日文句なしの好天に恵まれて、素晴らしい日々を過ごした。
28日(火)午後3時、父島を出航。海は凪いでいる。

a0108328_15410392.jpg

by masayama-chan | 2019-05-28 15:29 | Comments(4)

小笠原旅行(1)出航   

24(金)11:00 竹芝桟橋を出航。
私は、乗り物酔いがひどい。
今回の小笠原行で一番心配だったのが船酔いだが、結論から言うと全く酔わなかった(^o^)
乗船前に飲んだ酔い止め(アネロン)が強力に効いたのでしょうか。

デッキに出て海を眺めたり、ビールを少し飲んだり(^_^;)、眠くなったらベッドでうとうとしたり。
だらだら過ごすのが大好きだから、24時間、ちっとも退屈しなかった🎵

日没

a0108328_08374270.jpg

a0108328_08381932.jpg

a0108328_08364598.jpg


by masayama-chan | 2019-05-26 08:18 | Comments(4)

行ってきます🚢   

おがさわら丸に、乗船しました。
24時間後に、父島に到着します。



a0108328_10435763.jpg

船室
a0108328_10442462.jpg


a0108328_10444710.jpg

a0108328_11001026.jpg

by masayama-chan | 2019-05-24 10:41 | Comments(6)

飲み会   

昨日(5月19日)は、地元で飲み会。

集まったのは、長女の保育園時代の父母仲間、そして当時担任だった先生たち。

数年前三宅島に移住したMさんが所用で調布に来ていたので、この機会に都合がつく人で集まろうというということになった。



a0108328_17501019.jpg

a0108328_17495995.jpg




女子会ではなく、おじさんもいます
(^^)

a0108328_17494848.jpg



初めての店だったが、料理がなかなかイケた。

これは、ヤングコーンの天ぷら。お酒が進むこと(私はそんなに飲んでいませんよ。ハイ)

a0108328_17493538.jpg


美味しい料理とおしゃべりで、楽しい時間を過ごした。




今日、北海道の親戚からアスパラが送られてきた。

金曜日に小笠原へ行くが、娘へのおみやげにしようか思案中。

a0108328_17492390.jpg


by masayama-chan | 2019-05-20 17:51 | Comments(6)

「春のバラフェスタ」   

神代植物公園では、ただ今「春のバラフェスタ」開催中(58日~69日)

先週の土曜日(511日)に出かけたところ、だいぶ咲き揃っていた。

わずか一週間前には、ほとんどが蕾だったというのに。

バラ園には、約400種5200株のバラが植えられているというから、しばらく楽しめることだろう。


a0108328_16330867.jpg

a0108328_16325389.jpg
a0108328_16323789.jpg

a0108328_16321701.jpg
a0108328_16315480.jpg

a0108328_16483153.jpg
a0108328_16482074.jpg


まるでこの日のために咲いたかのような黄バラ。

a0108328_16312002.jpg


青みがかったブルー・ムーン。

a0108328_16311047.jpg




一方、こちらは「ボタン・シャクヤク園」のシャクヤク。

バラに劣らず美しい。

a0108328_16304092.jpg

a0108328_16302902.jpg
a0108328_16301473.jpg



はて、これはボタンだったかしら?

シャクヤクとボタンの区別が難しい。

立てばシャクヤク、座ればボタン、いずれ劣らず美しいことよ。

a0108328_16294245.jpg


by masayama-chan | 2019-05-14 16:34 | Comments(4)

母の日   

今日は「母の日」

長女から贈られたのは、なんと和菓子!

私が甘党でないのは知っているはずだが、はて?その心は?

冷凍にして、少しずつ、ありがたく食べることにした。

a0108328_20304726.jpg


和菓子が入っていた箱が、とても素敵~

引き出しになっていて、なにかに使えそうだ。

(というわけで、箱がどんどん増えていく)

a0108328_20303678.jpg



次女からは、先日パッションフルーツが送られてきた。
箱をあけると、独特の甘い香りが部屋中に漂った。

a0108328_20302771.jpg

甘酸っぱく、プチプチした食感がなんともいえない。
a0108328_20301502.jpg



でも母の日のプレゼントの本命は、今月末に私たちが小笠原を訪れたときの「おもてなし」だとか。

期待していいかな~。


こちらは去年の母の日に、次女から贈られたクレマチス。

小ぶりだけど、今年も咲いた。

a0108328_20300468.jpg



一方、わたしは贈る立場でもある。

母には、化粧品とブラウスとカーネーションを持っていた。

ブラウスはSサイズでいいと思ったのだが、なんときつかった。あちゃ(>_<)


by masayama-chan | 2019-05-12 20:31 | Comments(2)

「12か月の未来図」   

昨日、大手町のY新聞社へ講演を聞きに出かけた。

その帰り、神保町の「岩波ホール」で映画を観た。

上映中の作品は、「12か月の未来図」

心温まる、とてもいい映画だった。

a0108328_20040941.jpg


主人公のフランソワ・フーコーは、パリの名門高校で国語を教えるベテラン教師。

一年の任期でパリ郊外の教育困難中学へ赴任することとなった。

これまで難関校のエリートたちを相手にしていたフーコーだが一転、移民、貧困、学力低下といった問題を抱える生徒たちと向き合うこととなる。

騒々しく、反抗的で、学ぶ意欲などない生徒。

「クラスの半分は役立たずだ」と、教育への熱意を失っている同僚教師。

問題を起こした生徒を退学処分に追いやる学校(中学校なのに!)

だが、フーコー先生は生徒と真剣に向き合い、見限らない、あきらめない。

望んで赴任したわけではないが、学ぶ価値のない生徒など、どこにもいないのだ。

フーコー先生の授業を受けるうち、生徒たちも少しづつ変わり始める。

たぶん彼らは知ったのだ。学ぶことは楽しいことだと。

ラスト、問題児だった生徒セドゥの言葉に、胸が熱くなった。


既視感があった。

高校生のころに観た「いつも心に太陽を」を思い出した。

荒れた高校に赴任した青年教師の話だった。

教師役は、若き日のシドニー・ポワチエ。

当時仲のよかった友だちが彼の大ファンで、階段を一段置きに駆け降りる姿が素敵だと熱く語っていたっけ。

彼女は今どうしているだろう。

話がそれましたね(;^ω^)


エンドロールには、懐かしい曲が流れた。

メリー・ホプキンの「悲しき天使」

哀愁を帯びた曲調が、余韻を深めた。



地下鉄の改札を出て、岩波ホールへ向かう途中の階段。
階段を上がるとき、ちょっとワクワクしますね。

a0108328_20035900.jpg


by masayama-chan | 2019-05-09 20:04 | 映画三昧 | Comments(6)

連休中の神代植物公園   

やっと10連休が終わった。

私の場合、毎日が休みといえばそう言えなくもない。

でも、なぜかホッとするのはどうしてだろう。

連休中は、もちろん神代植物公園へ行った。

新緑がまぶしい。

a0108328_20123478.jpg

藤は見ごろを過ぎていた。

a0108328_20140145.jpg


バラはチラホラ。

あと一週間もしたら楽しめるだろうか。

a0108328_20122318.jpg
a0108328_20121198.jpg


ボタンに代わって、シャクヤクが美しい姿を見せていた。

a0108328_18353587.jpg
a0108328_18352519.jpg


ツツジもそろそろおしまい。

a0108328_18351289.jpg



見ごろを過ぎた藤とツツジ、これから見ごろを迎えるバラ。

この連休は端境期?でしたかね。



こちらは、我が庭のジャーマンアイリス。

a0108328_18345850.jpg

ミヤコワスレ。

a0108328_18344105.jpg


どちらも、福島の友だちが送ってくれた苗を、夫が花壇に植えたもの。


by masayama-chan | 2019-05-07 20:16 | Comments(2)

「こどもの日」   

今日は「こどもの日」

祝日法2条その趣旨について「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」とある(らしい)。

なぜ、「父に感謝する」という文言はないのだろうね。


まぁそれはさておき、恒例の端午の節句のお祝い会が、5月1日にTラの家で開かれた。

あいにくの雨模様、こいのぼりはベランダの屋根の下で泳いでいた。

a0108328_20574204.jpg



Tラが作ったという餃子が、大量に出てきた。

中身は、あんことかマシュマロとか、キムチとかたくあんとか、ヘンなのばっか(;^ω^)

a0108328_20573472.jpg


ばぁばが、次から次へと天ぷらをあげてくれる。

春の香りがするタラの芽とか、ゆり根とか。

ホクホクしたゆり根が、特においしかったなぁ。

a0108328_20571403.jpg


Tラの好物ミートローフ。

ウズラの卵が20個も入っていた!

とても美味しかったのでばぁばに作り方を聞こうとしたら、「ばぁばが作ったのでなくちゃ食べない」とTラに言われた。

フン、どうせあんちゃんは料理がヘタですよ(>_<)

a0108328_20570524.jpg



お婿さんから、ゴルフバッグを渡され歓喜するTラ。

いよいよ、ゴルフデビューですかね。

a0108328_20565251.jpg



この端午の節句のお祝い会はいつまで続くのだろう。

「あと2、3年じゃない」と誰かが言えば、「うんうん」と皆うなづくのだった。


by masayama-chan | 2019-05-05 20:59 | Comments(6)